意外にも多くの危険が潜んでいる「学校」で薬剤師ができること

学校薬剤師の業務内容って?

薬剤師は色々なところで活躍できる職業です。 その中でも、周りにはあまり知られていないのが、学校薬剤師という職業です。 学校薬剤師って実は法律で、幼稚園から高等学校まで必ず設置することを義務付けられているのです。

では、学校薬剤師の仕事についてご紹介します。 学校薬剤師は、学校の衛生環境を管理することが主な仕事となります。 衛生環境を管理するには、ごみ処理の方法や、トイレなどの環境管理、そしてネズミや害虫の駆除など、さまざまな場所で検査を行い指導をしていきます。

また、薬の専門性を持っている薬剤師の観点から、学校の衛生環境がよくなるようにアドバイスや指導を行っていくのも、薬剤師の仕事です。 薬剤師の指導により、児童や学生によりよい学校環境を提供していくことが目的です。

そして、他にも学校薬剤師の仕事はあります。 学校の保健室には、怪我をしたときに応急処置手当をするための医薬品などが置いてありますよね? そして理科室には、化学の実験などで使われる、化学薬品もたくさんあります。

そのような薬品を適切に管理し、適切に使用してもらうための指導を行っていくのも、学校薬剤師の仕事です。また、衛生環境を管理する仕事として、水道の水の水質検査を行うのも学校薬剤師の役割です。

水だけに限らず学校給食などでも、食中毒が発生してしまったら、学校全体で健康被害が及んでしまいます。そのようなリスクを回避するために、給食設備の検査や、水道設備の化学検査などを日々行っていかなくてはならないのです。

そして、夏になれば、数々の検査に加えて、プールの検査が入ります。 生徒がプールの水を飲み込んでしまっても問題が無いように、ゴーグル不使用でも問題が無いようにするためにも、プールの検査は大切です。

他にも、薬物乱用防止教室など開催も学校薬剤師のお仕事となります。 このように、学校薬剤師は学校全体の衛生環境や、学校環境に関わるお仕事であり、とてもやりがいのある仕事だと思います。