夜勤の仕事に興味がある方は必見!

薬剤師にも夜勤のみで勤務できる職場はあるの?

工場や居酒屋など、周りには夜勤のみで勤務している人も大勢います。 静かな夜だけがっつり働きたい、わけあって夜でないと働けないという薬剤師の方もいると思いますが、薬剤師に夜勤だけの職場なんてあるわけないと思っていませんか?

実は、夜勤のみ勤務できる職場もあるんですよ! 主に、24時間体制で営業している病院などに、併設されている調剤薬局などがそれに該当します。 24時間の管理体制をとっている病院などでは、医療従事者は必ず夜間勤務が付いてきます。

しかし、夜勤ってどうしても人手不足に陥りやすい時間帯でもあるのです。 そこで、夜間を専門とするアルバイトなどの非常勤のスタッフを募集しているところも多くあります。 それは看護師だけに限らず、薬剤師も同じく求人募集されているのです。

人手不足で、夜間にシフトを回せないという病院も少なくはありません。 そのため、夜間のみ勤務できる薬剤師というのは、ある程度の需要があります。 ただし、人手が足りずに機能しない時に働いてもらうというスタイルなので、単発のお仕事がほとんどになります。

しかし単発でも、夜勤手当などがありますので、給与は基本的に高額に設定されています。 薬剤師が夜勤のみ勤務する場合、平均して日給は25000円から、最高で30000円程度出す職場もあるようです。

しかし、いくら夜にしか働けないとはいえ、夜勤専門で勤務する場合は、昼夜が逆転した生活になってしまいます。人間の身体の作りからして、昼夜逆転した生活は望ましくなく、長期的に勤務することは簡単では無いでしょう。

また、看護師とは違い、夜間勤務の薬剤師の場合は、業務を全て1人で遂行していくことがほとんどです。夜勤はあまり忙しいというイメージは無いかもしれませんが、緊急で患者さんが飛び込んでくることもありますし、入院している患者さんの容態が急変することもあります。

そのため、夜勤とはいえ、緊急時に備えたマネジメントをしていかなければならないのです。 とは言え、1人体制ですと、煩わしい人間関係もありませんし、自分のペースで仕事を進めていくことができるので、静かに働きたいという人には向いているかもしれません。

薬剤師の転職支援サイトを利用すれば、夜勤のみ勤務できる職場を簡単に見つけることができます。 夜勤ならではのアドバイスも受けることができるサイトもありますので、まずは登録してみてはいかがでしたでしょうか?