残業なし・定時で上がりたい方は必見です!

薬剤師でも残業なしの職場ってあるの?

薬剤師の勤務する職場といえば、身近なのはドラッグストアや病院、調剤薬局などだと思いますが、どこもシフト制で残業は付き物というイメージはありませんか?

でも実は、残業なしでも勤務できる職場って、意外とたくさんあるようです。 中でも調剤薬局は、比較的残業の無い職場が多いようです。

その理由は、調剤薬局の場合、一番近くにある病院(大抵は隣にあると思います)などの、診療の時間に合わせて営業しています。なので、きちんとした勤務時間が決定されているため、残業が少なかったり、全く無い調剤薬局が多いようです。

特にクリニックや医院など、入院設備の無い場合は、残業はほとんどありません。 一般的な薬剤師だけでなく、管理薬剤師などの役職のある求人であっても、基本残業なしで募集しているところが多いです。

ただし、残業なしというのは大きなメリットになると思いますが、大抵は小規模な調剤薬局となります。 そのため、収入が減ってしまったり、福利厚生があまり充実していないことが多くなります。 残業が無い分、残業代が加算されないため、収入の減少は避けられないでしょう。

また、小規模な職場は、福利厚生まで手が回っていないことも多いため、福利厚生が充実した職場を希望する場合は向いていないと言えるでしょう。

しかし、福利厚生は、自分が絶対に必要とするものがあれば大丈夫ですし、何より残業なしというメリットは、残業続きだった人にとってはとても大きなものです。 そのため、残業なしの求人は人気が高くなる傾向にあります。

人気があるということは、それだけライバルが多くなるということです。 小規模な職場とは言え、やはり求人に応募した中で、求めている人材に近しい人を選びます。 ライバルとの差を付けなければ、採用されることはありませんので、しっかりと志望動機を考えることが大切です。

ただ単に、「残業が少ないから」とか、「家庭の事情が~」などという志望動機は認められることは無いでしょう。大切なのは、「なぜこの職場でなくてはならないのか」という理由を考えましょう。 決して待遇面を志望動機にしないことが重要です。

薬剤師の転職支援サイトなら、このような志望動機についてのアドバイスなどを詳しく行ってもらえます。入念に転職準備をするなら、是非利用してみてはいかがでしたでしょうか?