マーケティングとはどんな仕事?

製薬会社でマーケティング担当の薬剤師について

製薬会社で薬剤師が勤務する場合、なれる人は限られてしまいますが、マーケティング担当者になることもあります。マーケティング担当者は、各メーカーで呼び方が違っていますが、プロダクトマネージャーとも呼んでいるメーカーがあるようです。

また、役割など仕事内容も各メーカーでバラバラですが、外資系の場合、責任者としての役割を担うことになることが多いようです。

では、どのような仕事をするのかというと、開発した医薬品を医療現場へ普及させていくことが、マーケティング担当者の主な仕事です。ただし、安全性を第一に考え、間違った使い方で普及しないように、適正な使用方法で普及させるということが一番の目的です。

しかし、ただ医療現場へ、自社の開発した医薬品を提供するだけでは、医療現場で普及することはできません。医薬品も、食料品や衣料品などと同じく、多くの競合品が存在しています。

同じ風邪薬でも、ドラッグストアにはたくさんのメーカーから風邪薬が販売されていますよね? 病院やクリニックなどの医療現場でも、同じ風邪薬でも何種類もの風邪薬が使用されているのです。

この多くの競合品の中で、勝ち残っていくために、まずは「安全性」、そして「有効性」さらに「製品の特性」を生かした、正しい使用方法で普及させなくてはなりません。 そのためには、実績を積み重ねていくことと、より高い効果、より良い効能を製品に追加していかなくてはなりません。

また、製品の使用期限を伸ばすということも、マーケティングでは大切なことであり、粉瘤やカプセルなど、形を変えていくのも普及のポイントなのです。 このような仕事をこなしていくため、製品に関する全ての業務に携わる役職となっています。

気になるプロダクトマネージャーの年収は、大手の製薬会社の場合は1000~1400万円が平均だそうです。 製薬会社に入社したら、外勤などが多いMRから始めることになりますが、きちんと実績を積み重ねていき、人事部や本社の目に留まるようにしていけば、プロダクトマネージャーになれるかもしれません。

ここ最近、後発品の開発が著しく発展しており、この影響はどのメーカーに及んでいます。 そのため、とても厳しい環境になっているので、プロダクトマネージャーになりたいのならば、自分が居なくては対応できないというくらい、専門性の高いMRを目指すべきでしょう。