薬剤師はバイトと言えど、高待遇の職場の多い!

薬剤師バイトは採用されにくい?

薬剤師が不足気味ということもあり、アルバイト求人は少なくありません。本当は正社員として募集したいものの、それではなかなか人が集まらないという理由で仕方なくアルバイトという形で求人を出しているところもあるくらいです。
夜勤専従看護師の給料・収入について

数ある薬剤師のアルバイトの中でも特に人気が高いのは、ドラッグストアと調剤薬局の求人です。 求人されている数が非常に多いということもあり、ドラッグストアと調剤薬局の求人情報を見つけることは難しくないでしょう。

そもそも、薬剤師のアルバイトは非常に人気があるのですが、実はそのほとんどはドラッグストアか調剤薬局のものです。

治験や臨床開発といった仕事も薬剤師が担当しますが、これらの仕事は正社員のみの募集となっているので、薬剤師のアルバイトをしたいと思っているのであれば、ドラッグストアか調剤薬局から選ぶことになるでしょう。

注意しておかなければならないこととして、求人情報がたくさんある=採用されやすいというわけではありません。というのも、求人数は確かに多いのですが、それ以上の応募があるのです。

通常、アルバイトというとどうしても正社員として働くのに比べて条件が悪くなってしまいますよね。 しかし、薬剤師のアルバイトは、同じアルバイトであっても正社員に劣らないくらい好条件が提示されているものが多いです。

休みはしっかり取ることができるものの非常に時給が高く、残業もほとんどないということでアルバイトとして働きたいと思っている薬剤師がたくさんいます。

アルバイトだから適当に面接を受けても採用されるだろうと思ってしまうと他のライバルに負ける可能性が高くなるので、本気で転職活動をする必要があるでしょう。

それから、アルバイトだからといって希望条件が全て通るというわけではありません。 求人によっては妥協しなければならない部分も出てくるので、自分にとって絶対に譲れない条件と、譲ってもいい条件について考えてみてはどうでしょうか。

薬剤師の主な仕事内容

薬剤師は仕事の中で様々な業務を担当していく形になります。 そのため、新人薬剤師として働き始めたばかりの方は仕事に関して悩みを抱えてしまうこともあるかもしれません。

特に大変だと感じる方が多いのは調剤の仕事のようです。 調剤とは何かというと、これは医師の出した処方せんに基づいて患者さんに医薬品を提供する仕事内容となります。

昔は、処方せんに基づいて間違いがないように医薬品を提供すれば問題がなかったのですが、現在は服薬指導や服薬履歴に関することも重視されているため、より慎重な業務内容となっているのです。

その際には患者さんと様々な会話をすることにもなるため、薬剤師にもコミュニケーション能力が求められるようになりました。

また、医薬品を管理するというのも薬剤師にとって重要な仕事です。 薬剤師が取り扱う薬品の中には、慎重に扱わなければならない危険な劇薬などもあるため、それを管理する仕事というのは責任感も必要になります。

薬剤師の医薬品管理が不十分で知らないうちに劇薬が盗まれていたということになると大変ですよね。

また、処方せんに基づいて正しく医薬品を処方したものの、提出された処方せん自体が偽造されたものであり、不正に薬を入手されてしまったというケースもあるため慎重に業務に当たらなければなりません。

このように、薬剤師として働くためには様々なことに注意していく必要があるのですが、非常にやりがいも多い仕事だといえるでしょう。

薬剤師と家は薬のエキスパートでもあるため、患者さんから質問をされたり、服薬指導に感謝されることも多いです。

ただ、やりがいよりも不満の方が大きいという方もいるようです。 その大きな原因ともいえるのが職場に関することだといえるでしょう。

業務内容が過酷だったり、思うように休みが取れないということになると薬剤師という仕事に誇りを持っていても続けるのが難しくなってしまうため、自分に合った職場探しをすることが非常に重要です。

薬剤師の年収はどれくらい?

薬剤師はサラリーマンなどに比べると高収入が期待できる職業だと言わています。 具体的に、収入はどれくらいになるのでしょうか。

まず、気になる月収についてですが、これは平均すると大体37万円前後になるようです。 年収を考える際にはここにボーナスも含まれるため、530万円前後が平均的な年収という計算になります。

職業の中には、収入が多い年もあれば少ない年があるものもありますが、薬剤師の場合はどうなっているのかというと長期的に見て非常に安定した年収を得ることが可能です。 現在は薬剤師不足の問題が続いているため、この傾向はさらに長く続いていくことでしょう。

特に、有名企業の薬剤師として勤めることができれば、かなりの高収入も期待できます。 その中でも、特に給料が高いと言われているのが製薬会社です。 製薬会社で働いている方の中には、800万円以上の収入を得ている方もいます。

反対に給料が少なく、収入に悩みを抱えやすい職場はどこなのかというと、これは病院や調剤薬局だといえるでしょう。 もちろん、職場選びをする際には年収だけでなく様々なポイントに注目していく必要がありますが、とにかく高収入が得られる職場を探しているということであれば、製薬会社への転職を検討してみると良いですね。

ただ、製薬会社の給料は高いものの、希望者も多く競争率が高いです。 製薬会社以外で高収入が得られる職場といえば、ドラッグストアだといえるでしょう。 ドラッグストアはスタート時の年収も400万円台というところが多く、初めから高収入が期待できます。

また、店長として勤務することができれば、年収700万円以上稼ぐことも不可能ではありません。 注意しなければならないこととして、どのドラッグストアチェーンで勤務するかによって収入には大きな差があるため、自分が検討しているドラッグストアで本当に高収入が得られるのか調べた上で就職・転職しましょう。

薬剤師として経験を積めば積むほど給料が伸びていく傾向にあるのですが、伸び具合は職場によっても大きく違うので、自分の積んできた知識や経験を正当に評価してくれる職場を選びたいですね。